本文へスキップ

特定行政書士森越博嗣事務所【札幌】は,法人設立と成年後見,遺言書作成,相続手続が得意です



TEL.
011-612-2563


〒064-0801 札幌市中央区南1条西23丁目1番8号
チサンマンション第8札幌711号
特定行政書士森越博嗣事務所

契約書AGREEMENT

契約書とは
  契約の当事者が,契約の成立があったことを明らかにするために作成する文書(書面)
なぜ契約書を作成する
のか
  契約は,必ずしも文書によることは必要ではなく,口約束(口頭)でも成立しますが(自動販売機では口約束もない)、口約束では,後で「言った。言わない。」の問題が発生しがちです。

  重要な契約について,契約書を作成しなかったり,作成していても不備があった場合には,裁判沙汰になったりすることが多いです。
契約書の作り方
1.表題

  単に「契約書」とするのではなく,「金銭消費貸借契約書」などのように表示します。

2.収入印紙

  印紙税法により,印紙を貼る必要がある契約書が多いです(契約の効力に直接関係はありません)。

 参考) 印紙税額一覧表 印紙税額一覧表

3.当事者

4.前文

  当事者を表示し,契約の趣旨・目的(例えば,金銭消費貸借)を示しておきます。

5.目的条項

  その契約は,何を趣旨・目的としたものか,たとえば,金銭消費貸借をするためのものであることや何時までにいくらを返済する,等が明瞭にわかることが必要です。

6.契約の対象,目的物(物件の表示)

7.後書き

契約書を何通作成したかを記載します。

8.作成年月日

契約書をいつ作成したのかを確定するために必要です。

9.当事者の署名押印

特定行政書士森越博嗣事務所

〒064-0801
札幌市中央区南1条西23丁目1番8号
チサンマンション第8札幌711号

TEL 011-612-2563
FAX 011-612-6863