定款変更

定款変更とは

新会社法(平成18年5月1日施行)による利点を現在の会社の運営に反映させるためには,定款変更が必要となる場合が多くあります。

そして,定款変更をするには,通常は,株主総会決議(議事録)が必要になります。

さらに,必要な事項は登記申請をしなければなりません。

 

定款変更の主な項目, 内容,登録免許税

 

項 目内 容登録免許税(円)
目的変更定款変更+登記が必要30,000
商号変更
役員変更10,000(資本金1億円超の会社は30,000)
有限会社から株式会社への変更有限会社から株式会社への変更と同時に行なうことで,右の登録免許税以上が加算されずに変更できる内容は以下の通り。

・目的変更
・商号変更
・役員変更
・事業年度の変更
・役員の任期の変更
・発行可能株式総数の変更

60,000
特定行政書士森越博嗣事務所【札幌】法人設立と成年後見,遺言書,相続手続